ジェネリック医薬品とは?
ジェネリック医薬品とは、特許期間が終了した先発医薬品と、有効成分、効果、用法、用量が同じで、国の審査を受けて承認された低価格な医薬品の事を言います。後発医薬品と呼ばれる場合もあります。

大きなメリットは患者さんがお支払になるお薬代が安くなる事ですので、特に現在症状が落ち着いており、お薬もほぼ決まっていて、こえからも長くお薬を継続されるような方には是非お薦めいたします。

処方せんの「後発品への変更不可」という欄にお医者さんの署名がなければ、薬局においてジェネリックの調剤が可能ですので、薬剤師と相談しながら、検討してみてはいかがですか?

ジェネリック医薬品にしたいのですが

ジェネリック医薬品についてテレビ取材を受けました。
再生ボタンをクリックしてご覧下さい。

[参考:政府広報オンラインでも分かりやすい説明を見る事が出来ます]
(この映像の最後に出てくる処方せんは古い様式ですので、現在は上記の説明にあるように、「後発品への変更不可」という欄にお医者さんの署名がなければ、薬局においてジェネリックの調剤が可能です。)

[参考:厚生労働省HPより後発医薬品の普及リーフレット]

<< TOPページへ戻る

Copyright © Primary Pharmacy All Rights Reserved.